保険のビュッフェで相談したい!貯蓄性重視の場合、配当金のある生命保険を選ぶべき?

貯金の代わりになる保険

近年、銀行などが軒並み低金利であることから、生命保険に貯蓄性を求めて、加入される方が急増しています。そういった方は、途中でお金を受け取ることが出来る配当金付きの保険を選びがちです。

金利が上昇傾向にある場合や上昇すると予想ができる場合は、その方が有益なのですが、そうではない場合では、元々、配当分を見越して保険料が上乗せされた保険商品よりも、配当金がなく、保険料も低額に抑えられた保険の方が、実質的にお得である場合も多くあります。貯蓄性の高い保険を選ぶ際はその点にも注意して選びましょう。

 

上手な資産計画を練ろう

貯蓄性の高い保険は、多数あります。生命保険の機能も兼ねて、加入したい場合であれば、低解約返戻金型終身保険などは、始めに設定した払い込み期間で、保険料の全ての払い込みを完了した後に解約をすると、払い込んだ以上の金額の解約返戻金が支払われます。この保険は、途中解約をされた場合の解約返戻金を最低限に抑える代わりに月々の保険料も従来型に比べ、安くなっているのが特長です。

そのため、払い込みを終える前に解約すると元本割れをしてしまうといったデメリットがあります。保険のビュッフェでは、貯蓄性の高い保険を多数取り扱っています。保険の詳しい説明や選び方などを知りたい方は一度、保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です